インドと生きる

インドに旅行する人、留学に来る人、働く人のための手助けになれる情報を、デリー現地採用からお送りします。

俺の失敗を越えて行け1 iPhone6、購入失敗編

俺の屍を越えてゆけ

僕は日本ではIphone4を使っていましたが、インドに来てから携帯電話はサムソンのギャラクシーやSONYXperiaを使っていました。

どちらもそこまでスペックが高いシリーズではなかったので、比べるのも酷なのですが、やっぱりIPHONEの「ヌルヌル動く感」が恋しくなって思い切って購入しました。

円も安かったので、ルピーで試しに買ってみようと思い立った次第です。

 

今回の概要

1)ルピー円1.85の為替レートの時に、2)APPLE ONLINE STOREでIphone6 SIM FREEが値上がりした(11月13日)ことに気づかず、3)インドのデビットカードで購入し、4)消費税輸出還付としてお金が戻ず、5)しかも一日、注文日が違っただけでAPPLEからの出荷が1周間遅れたお話です。

 

もう踏んだり蹴ったりです。(プリヤンカからならご褒美、、、、ゲフンゲフン)

 

 

 

 備忘録も兼ねて、僕と同じ間違いを犯さないように情報共有しておきます。

 

 

 

Iphone6 128gb を2014年11月14日にApple online store で購入し、日本への出張時に受け取りました。

その時の状況を下記に記載しておきます。

 

1)ルピー円の為替レートは11月14日で1.85(現在12月2日現在1.92 !!)

外国為替計算 - Yahoo!ファイナンス

 

インドルピーはドルペッグを採用していて、ルピーはドルに対して為替レートが安定しています。

なので僕はドル円のドルをルピーの動きとイコールだと思ってます。(素人意見)

安倍さんありがとう!(?)

 

後日確認してみると為替レートが1.8で計算されて引き落とされていました。

100000円のものが54055ルピーで買えたはずが55555ルピーになってしまいました。

1500ルピーの差額、こんなもんでしょう。

円で買うよりも安かったので目をつむれます。

 

2)Iphoneの突然の値上げ(円安の影響)

Apple、SIMフリーiPhoneを1割値上げ 円安の影響か - ITmedia ニュース

 

(日本での)日付が変わった14日に購入しました。

もう2日早ければと悔やみまくりです。1万円損したわけですから。

シクシク(/_;)

気付かなかった僕がいけないのですが、タイムマシンで前日の自分に今すぐ買えと忠告したいです。

 

 

3)インドのデビットカードで購入できました。

僕はICICIバンクのDEBIT CARDを使っています。

「クレカもデビカも一緒だろ」

f:id:manamusuk0:20141203041610j:plain

そんなふうに考えていた時期が俺にもありました

 

なので支払いに使ったのですが、、、、

(インドのカードじゃないと為替レートを生かせないので)

 

 

支払いが終わった後、これを見て冷や汗が出ました。 

注意事項に「デビットカード」での支払いはできない旨が記載されていました。

 

 

f:id:manamusuk0:20141203035859p:plain

 

http://store.apple.com/jp/help/payments

 

一緒に購入したIphoneケースの引き落としが30分以内に完了したので、大丈夫だろうと高をくくっていたのですが、なかなかIphoneのほうの支払いが完了しません。

 

ざわざわ、、、

 

 

「消えないルピー。湯けむりデビットカード事件」

 

 

このタイトルで火曜サスペンス劇場がはじまる勢いで僕の心臓は高鳴っておりました。

 

 

 

 

不安を抱えたまま眠りにつき、ICICIバンクから2日後に引き落としがされました。 

 

 

 

後日、銀行の人から

「けっこうでかい買い物したけど、大丈夫?(盗まれて無いかの確認の意味で)」

と電話が来ました。

為替変換のために55ルピーほど手数料がかかりました。

 

心臓に悪いのでクレジットカードを持ったほうがいいと思います。

 

 

 

4)消費税の輸出還付(TAX REFUND)がオンラインで購入した場合できない

僕はインドに住民票があって長期滞在する証明ができれば、

「日本で購入したものに関して開封せずにインドまで持って行き、消費する」

のであれば消費税を払わなくてすむのです。

外国人のためのTAX REFUNDという仕組みです。

 

ヨドバシカメラや一部のTAX REFUNDが受けられるお店で購入したらその場か、そのお店にある専用カウンターにてパスポートを提示して、本国で消費するよ、という証明書を作ってもらいます。

その場で消費税分をディスカウントするか、一度消費税込みの全額を払った後で現金かクレジットカードに払い戻せるらしいです。

 

モチロン、アップルストアで直接買った場合ですとそれが可能なのです。

(現状だと在庫が無いのでむりなのですが)

 

ですがオンラインだと、、、不可能です。(´・ω・`)ショボーン

 

ダメ元でAPPLE STORE 銀座店に電話して

Iphoneを領収書を一緒に持って行くから消費税還付の手続きして!」

とお願いしましたが、オンラインで買ったものに関してはできないとのことでした。

日本人だからダメなのかととも思い、事情を説明したインド人に同じ内容で話してもらったが、変わらず。(人種は関係なかった。)

 

 

5)出荷日が のびのびサロンシップ

13日に確認したところ「14日から17日後には出荷がされる」という情報が、のっておりましたので「日本滞在中に受け取れるだろう」とたかを括ってしまいました。

 

しかし14日に購入したところ「14日から21日後」という表記。

、、、日本での出張期間中に受け取れない可能性が発生。

 

案の定、出張中に受け取れなかったので、今は知人に預かって頂いてます。

 

まさに泣きっ面に蜂です。

(そういえば取引先に”HONEY”という名前の女性がいます。各方面から「ハニー」と呼ばれています。彼女の旦那さんや父親の立場からすると心穏やかではないでしょう。)

 

僕はいつになったらiPhoneユーザーになれるのでしょうか。

以上、特殊な状況下でIPHONEを購入しようとする方々へのアドバイスでした。

 

ちなみにインドだとIPHONEが日本に比べて高いので、日本で買ってインドで売ると20%くらい利ざやが出ますよ。

 

 

 

 結論

  1. iPhoneの値段は一定ではない。為替に注意。
  2. 輸出還付金制度はオンラインショップでは適応されない
  3. 善は急げ、もとい得は急げ
  4. Iphoneの配送先はホテルを住所へ選べない
  5. 15000円高くても早く欲しいならAMAZON(僕もこっちで買えばよかった。)

 

  

 

広告を非表示にする